桜の命

幻想のように白と桃で彩る小道。

 

春の大雨は容赦ない。

一夜でその幻想を全て奪い、緑の日常に戻してしまう。

まるで希望に浮かれた人間達の目を覚まさせるかのように。

 

なぜ桜はこれほど美しく花を咲かすのだろうか。

なぜ? 何のために? 誰のために?