読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を愛せない

今日も仕事だ。

昨日や一昨日とほとんど同じ一日。

頑張って働くと、同じような明日が訪れる。

 

仕事=人生というマインドを持つ職場の中で、私だけが違う。

頑張っているけど、心から仕事を愛せない。

 

やめたいが、まだ辞められない。

いつか首をきられるかも知れない。

心は変えられないから、その中で最大限に今日を頑張ろう。

大きな『夢』があっても、叶え方を知らないのなら『ただの妄想』だ

どうしても叶えたい『夢』をお持ちだろうか?

いくら大変でも構わない、
それを叶えるためだったら必死に努力できると言えるものが。

 

けれど、『夢の追い方』が分からなければ、努力することさえできない。

一歩も進めないまま、ただの妄想で終わってしまう。
夢に近くことさえできない。

 

そんなの、人生がもったいない!
もしそうであるなら、自分を追い詰めるべきだ。

少しでも近づくための予定を立てる。
予定通りにできないのなら、追うほどの夢じゃないか、追い方を知らないかの二択だ。

第三者に監督してもらおう。
お金を払ってでも近づくのだ。
でなければ一生後悔する。

 

気持ちを変えれば、行動は変わるのだから。

 

小説とは、作者が『過去にワクワクしたこと』を『キャラクター達を通して伝える』こと

いつになったら亡くした未来を 私ここでまた見ることができるの?

子供だった私は、まだ世界を知らなかった。
私たちは学校へ通い、ひたすら大人を目指した。
暗闇の中で瞬く遊園地のような『希望の未来』を目指して突き進む。

 

大人になった私は、そこに『希望』なんてなかったことを知ってしまう。
子供の頃信じていた未来は『幻想』だった。
この地球という小さな星の、醜く小さい日本という国で一生労働するしかない。
それが大人の常識である。

 

生きる目的・希望は、一体どこで亡くしてしまったのだろうか?
どこへ行けば取り戻すことができるのだろうか?

 

世界の発展は限界に迫っており、あとはどんどん廃れていく一方だ。
ただ生きているだけでは輝く未来なんてない。
自分が見たかった世界は、自分で作らなければ手に入らないのだ。

 

14歳のときにワクワクした世界を取り戻したい。

 

複雑なことを単純にしたものは感動を与える

今後は複雑なことを単純にしたサービスが勝つ時代!

 

■書籍『ワイン1年生』

難しいワインが擬人化キャラクターで簡単に分かる

→ワインのこと知りたい大人に刺さった!

クラウドサービス『AmazonWebService』

面倒なサーバー構築を全部Amazonが代行してくれる

→Webで一発当てたいITベンチャーに刺さった!

Webサービス『メルカリ』

誰でも簡単にネットで出品できる

→ネットショップを開きたいけどECサイトの知識を持ってない人に刺さった!

 

今後のキーワードは、『複雑なものを単純化』『擬人化』『キャラクタービジネス』だと考える。

何のために『大人』になるんだ?

何のために『学校』へ通い、

何のために『大人』になるのだろう?

 

希望があるから?

否、他に選択肢がないからである。

 

歴史のジグソーパズルを埋める1つのピース

権力者は自分達に不都合であれば、国や歴史を消すことができる。

 

権力者に支配された誰も抗えない世界で、海賊が自由を追い求める話。

 

漫画だから、と現実世界と切り離して考えがちだが、劣悪した世間を描いている点では現実世界と変わりない。

作者の思想が込められた作品は面白い。

 

『ワンピースとは、子供の頃の自分が納得するお話です』

『うまくいったら自分の実力、失敗したら自分のせい。こういうのが好きです 』

by 尾田栄一郎